ボイストレーニング講座

「話す」人の発声講座

 


「英語で話すための発声技術」各要素について一つ一つみていきましょう。
最初は音素です。


英語の音素

次の単語 貴方はどう発音しますか?

 

 


YELLOW

 

 

 


こういうふうに発音してしまっていませんか?

 

 


ielɔː  ☓

 

 

正解は

 

 

 

jéloʊ   ◯

 

 

 

正解した人はこの項目を読む必要はありません。

違うポイントは2箇所です。

 

最初の jé
2音節目の最後の oʊ

 

 

ie と je の違い
カタカナで書くと「イエロー」
なので最初の音は母音かと思ってしまいますが、実は子音の[j]です。

(ここでの[j]はアルファベットではなく発音記号です)


je は 子音j→母音e への連結です。
ie だと母音の連続になってしまいます。

 

子音と母音の違い:
子音 舌、歯、唇または声門で息の通り道を、妨げて発音する 
母音 舌やくちびる等で妨げられなく発声される声


ɔː と oʊ の違い

カタカナで書くと「イエロー」なので最後の音は長母音のオーかと思ってしまいますが、oʊの2重母音です。

2重母音なのでo→ʊと母音が変化していきます。

 

日本人にとって難しい音素 というとすぐに r や th の発音を思い浮かべますが、実はそれ以外にもこのように英語にあって日本語にはない音素は沢山あります。

 rice と lice  の違いはまったく別のものになってしまい大問題なのでよく取り上げられますがイエローをielˈɔː と発音したところで意味は通じますから、聞いた方は気になりながらも余り話題にもならないというわけなのです。

 

 

ところで余談ですが日本語では oʊ のように音が伸びながら変化していく2重母音がありません。「え?そんなことないだろう?」と思うかもしれませんが音声学的に言うと日本語の長音は長母音ですので母音は変化しません。


「総理」の発音は ソーリ です。ソウリ ではありません。
(音韻的にはそうだというだけで実際にはソウリと発音している人はいます。でもニュースなどでは音声学通りに読まれています。)
https://ja.wikipedia.org/wiki/長音

 

日本語ではオーとオウの違いはないので  jéloʊ を ielˈɔː  と読んでしまう。ということも理由の一つかもしれません。

 

 


英語のリズム


次は単語の中における音素の配列とそのリズムについてです。


 

日本語の場合

 

日本語は通常子音が単独の音素として存在することはありません。

母音の無声化などの例外を除き、常に子音+母音のセットで使用され、これが最小単位の音素になります。
そして一つ一つの音素が等間隔、同じ長さ、同じ強さ大きさで並んでいます。各単語内で音程のみが変化し強弱はありません。

これが日本語の基本的な音韻体系です。


子音の音価は非常に短く、比較的弱く発音されます。
例えば「サクラ」という単語の場合は3拍です。

 

例 サクラ
 さ       |く       |ら


sakura
 子音が短い 小さい

 各音素の音価が等しい 等間隔 

 強弱がない


 

英語の場合


一方英語の言語システムはシラブルと呼ばれ音節ごとに区切られています。
各音節ごとの音素数は一定せず、またそれぞれが等間隔ではなく強さも長さも変わります。
子音の音価は比較的長く、アクセントが来るか来ないかなどの条件によって長さが変わります。
また同じ単語でも文内で強勢が来るか来ないかによって発音も変わってきます。

 

例えば favorite という単語は3つの音節で出来ていますが、第一アクセントfa における f は強く長くはっきりと発音され v r  t などの子音は短く弱めです。

 

 

例 favorite
  fa |vor |ite

favorite
 子音が長い 大きい

 各音素、音節の長さが変わる

 強弱がある

 


音素の種類の多さのみならず、各音素の持つ要素が刻々と変わる点が、日本語と違い理解し難いものだと考えられています。

 

強勢

強く=大きく ではありません。

強勢とはまさに先の例で上げた長く発音される部分のことです。

母音も長く、子音も長くなります。

 

例えば 同じ f+a  の発音 だとしても、それが強音節にくるか弱音節に来るかで f や a の長さが変わるのです。

もう一つは母音の明瞭さです。 a の発音も弱音節に現れる場合は ə となり曖昧になります。

強勢を強くと言われ闇雲に大きく発音しても英語らしさは生まれません。

 

 


 


----まとめ 単語の中で変化する要素----
英語では文全体を発話する際、各音素の発音以外にも様々な要素が日本語に比べて大きく変化し
ていきます。日本と比較してみましょう。


英語と日本語比較

英語発音ではこれらの項目を個別にコントロールする必要があります。ソニック・ボイストレーニング・スクールでは、これらを体系だてたトレーニングを実行していきます。

 

 

 

 

 

体験レッスンと入会のお申込み